HOME > 経営方針 > 行動指針

行動指針GUIDELINE

「コア電子は人でできている」

年齢や役職といった堅苦しい壁は関係なく 、社員全員が事業運営に関わっていける環境をコア電子は真剣に創っていきます。
社員の成長が、そのまま会社の成長につながると断言できます。常に一人ひとりの役割が最大限に尊重される環境、新人にもイキナリ一人前の役割が与えられる環境を創っていきます。
皆が「どれだけ昨日の自分を飛び越えられるか」に全力を傾けます。ですから、仲間同士で足を引っ張り合うなんて絶対にありえません。当然です。自分こそが最大の競争相手なのですから。

「コア電子のミッションは遊戯娯楽産業にある」

コア電子は、遊戯娯楽産業が健全な姿で持続することに貢献し、ホール関係者やエンドユーザーであるパチンコファンに関わる人やの組織の繁栄を目指し、もっとも身近で信頼の出来る企業になります。
時代と共に変化する消費者の価値観を敏感に捕らえ、娯楽産業が進むべき方向性を指し示し、その価値観に応えようとするホール経営者の創意工夫を「付加価値」に変えることを使命とします。
結果としてコア電子は、この国の新しい娯楽文化の創造に寄与し、消費者の幸福に貢献します。

「コア電子は社会の公器である」

社会(お客様)からお金をあずかり、社会から人材をあずかり、社会から土地や物をあずかり、経営し、社会(消費者)の役に立つ。役に立つ方法は、製品を売るとか、利便性を高めるとか、快適な空間を提供するとか安心を与えるとか、娯楽で楽しんでもらうとかいろいろあります。
コア電子は、それらに役立った分だけ、その対価を「お役立ち料」として利益をいただく。
さらにその利益を、さらに新たなサービスや製品の品質向上、アイデアで還元していきます。

コア電子株式会社 代表取締役 遠藤政志